薬膳生活への第一歩

PMSをどうにかしたいな、と思って
ネットサーフィンをしていた時に出会ったのが「薬膳」というキーワード。

薬膳とは、簡単に言うと「食事で健康を作る」という学問の事。

「医食同源」や「薬食同源」という言葉は聞いた事があるかもしれません。
この原則に従って中医営養学と料理学を運用し、食物と中薬(漢方薬の原料となる生薬)を組み合わせるのが薬膳です。

健康に過ごすためには食生活が大切だというのはご存知だと思いますが、
中国では2,000年以上前にはこの考え方が根付き、食物の持つ効果を多くの学者たちによって確立してきました。
この学問が薬膳なのです。

出典:いまさら聞けない! 薬膳とは? | パピマミ

「学問」か…。
難しそうだな。
というのが、はじめの印象でした。

でも、薬膳のレシピを見ていると特別な食材を使っているものばかりではなく、
スーパーで簡単に手に入る食材を使ったものも多いのを発見。

さらに、しょうがを食べると身体が温まる、とか
暑さには夏野菜を食べるといい、とか
冬の風物詩「こたつでミカン」も薬膳的に理にかなっていると知って
私でもできるかな、やってみようかな、という気になりました。

とりあえず「冷え」対策に、ねぎ、にら、しょうがを積極的に食事に取り入れたり、
ホッと一息つくときは、シナモン入りの紅茶を飲んでみたりすると
「あれ?生理前なのに体調が悪くない」と感じるようになりました。

劇的に体調が良くなった!とまでは感じませんが、
むくみがマシになったり、生理痛が軽くなったり…

食事が身体を作る、ってホントなんですね。

ということで、学問としての薬膳は、やっぱり難しいけど、
ちょっとずつ勉強していきたいと思っています!